ミネラル
ミネラルミネラルの基礎知識

ミネラルとは?

ミネラルとは?

ミネラル

ミネラルって何?人間の生命活動を維持するために必要な栄養素には、たんぱく質・脂質・炭水化物・ビタミン・ミネラルの5種類があり、5大栄養素と呼ばれています。

ミネラルは、体の働きを維持・調整し、抵抗力を高め、代謝に深く関係する、重要な栄養素なのです。

ミネラルは体を構成する金属元素

金属元素であるミネラル人間の体は、酸素(O)・炭素(C)・水素(H)・窒素(N)の主要元素と、ミネラルによって作られています。

  元素名 含有比率
主要元素 酸素(O) 65%
炭素(C) 18%
水素(H) 10%
窒素(N) 3%
主要元素意外 ミネラル 4%

上の表の比率で構成され、主要元素以外の構成する元素をミネラルと言います。
体の96%が主要元素で構成され、ミネラルはたった4%です。
しかし、この4%がとても重要であり、摂取量が不足すると欠乏症となってしまうのです。

5大栄養素とは?

主要元素の組み合わせにより構成する、炭水化物・たんぱく質・脂質を3大栄養素と言います。
そして、3大栄養素とビタミン、ミネラルを5大栄養素と言います。

ビタミンは、主要元素の組み合わせで構成され、植物や人間以外の動物は体内で作ることができます。
しかし、人間はビタミンを生成する酵素群が足りないので、ビタミンを作り出すことができません。
そのため、ビタミンを作り出す植物や動物を摂取することで、ビタミンの補給をしています。

ミネラルとは?

カルシウム(Ca)・リン(P)・カリウム(K)・硫黄(S)・塩素(Cl)・ナトリウム(Na)・マグネシウム(Mg)などの元素そのものであり、生物の力で生成されるものではなく、自然の課程でできる物質です。

ミネラルはビタミンと同様、体内で最も働くとされる栄養素ですが、植物も動物もミネラルを自分で作ることはできません。
植物は土壌のミネラルを吸収し、動物は植物や水などからミネラルを摂取します。

ミネラルの働き

人間に必要な3大栄養素のたんぱく質・炭水化物・脂質がそれぞれの働きをするためには、酵素によって分解されなくてはいけません。
ミネラルは酵素の働きを助ける働きがあります。

ミネラルが不足し、酵素がスムーズに働かなければ、次に紹介する三大栄養素の働きも滞り、生命活動に不都合が生じてしまうのです。

たんぱく質の役割

人間の体の6割が水、2割はたんぱく質でできています。
たんぱく質は酵素により分解され、アミノ酸になります。

人間の体を作るアミノ酸は20種類あり、さまざまな組み合わせによって、働きが異なってきます。
このアミノ酸の結合により、血液・筋肉・骨・臓器・ホルモン・酵素などが作られています。

炭水化物の役割

炭水化物は酵素の働きによって、ブドウ糖に分解されます。
ブドウ糖は血液の中に溶け込み血糖として、全身に運ばれてエネルギーとなります。
また、余分なブドウ糖はグリコーゲンとして、筋肉や肝臓に蓄えられます。

脂質の役割

脂質は、酵素によってコレステロールとリン脂質に分解されます。
コレステロールは細胞を支える細胞膜やホルモンなどの材料となります。

人間の細胞の数は、60兆とも言われています。
この細胞を支える役割があるのですから、脂質の役割はとても重要なものだと言えるでしょう。

コンテンツ分類
  • ミネラルの基礎知識
  • 厚生労働省で摂取基準が定められている13種
  • ミネラルを含む商品は多数!
ミコンテンツメニュー
  • 亜鉛(Zn) - 多く含む食品は美肌効果を与えてくれます!
  • マンガン(Mn) - 生殖機能を高め、育毛作用のある栄養素!?
注目記事(ミネラルの教科書)ランキング